法の順守は当然の義務
「知らない」では済まず
2022.7.5
 ひと月ほど前、よく行くセルフSSに給油に行った。いつものように油種を選択し、ノズルを持って計量機の表示がゼロになるのを待っていたが、なかなかゼロにならない。サービスルームにいる馴染みの店員の顔を見たら、急ぎ出てきて「給油口にノズルを入れないと給油が開始できない」と言う。今までとちょっと違ったが、給油口にノズルを入れたのを確認してから給油開始ボタンを押す、これが本当と言われ納得した。

 この確認を怠った事故が今年4月に三重県のセルフSSで起こった。軽トラックの利用客が荷台にある金属製の携行缶に自らガソリンを給油し、その際に静電気が発生して引火。その様子が店の監視カメラに写っていた。この時は従業員が消火器で消し止めたため大事には至らなかったが、利用客自らガソリンを携行缶に入れることは法律で禁止されており、地元の消防本部は注意を呼び掛けている。

 この事故には後日談がある。最近、この事故がテレビで取り上げられ、出演した弁護士が「お客さんは失火罪で処罰される可能性がある」と述べるとともに「携行缶へのガソリンの詰め替えを顧客にさせてはいけないことになっており、従業員は危険物取扱者義務違反、場合によっては責任が問われ処罰される可能性もある」と指摘した。作業効率などでぞんざいになっていることも時には罪になるということを、こういった事故を教訓に確認し、周知することが大事だと考えさせられる。 (祐)


北海道のガソリン価格予想
8月22日(月)から8月28日(日)まで
価格下降
仕切り価格実質値下げ

08月20日付ヘッドライン

■コロナ禍前には戻らず 盆商戦
■「全戸にバイオガス」 タスクフォース地方支分部局会合で先行3市町
■31円引き上げ 道最賃審議会が答申
■紋別で災害時対応実地訓練 給油再開への手順共有
■項目追加で答申先送り 温対条例改正へ道環境審議会