原油先物1%高、サウジが増産拡大要請を拒否
2021.10.15
 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟国で構成するOPECプラスに対する増産拡大要請を、サウジアラビアは拒否したことなどを受けて、米国時間の原油先物は1%上昇。

 北海ブレント原油先物は2018年以来の高値を付け、0・82ドル高の1バレル=84ドル。

 米WTI原油先物生産地は81・31ドルと0・87ドル上昇し7年ぶりの高値を記録した。



北海道のガソリン価格予想
10月18日(月)から10月24日(日)まで
変わらず
仕切りの状況では値上げも

10月15日付ヘッドライン

■道内官公需 「地元優先」広がり欠く
■垣見氏「カーケアへ経営転換を」 石油連盟、WEB版石油セミナー更新
■再エネ大手買収へ 脱炭素社会見据えENEOS
■昨年上回るタイヤ販売 道エネ平岡梅林公園SS
■成約率アップへ役割分担 AIXセルフベニータウンSS