北海道のガソリン価格予想
3月30日(月)から4月5日(日)まで
価格下降
仕切り価格、さらに値下がり

03月30日付掲載予定

■新型コロナ感染拡大阻止 川原石油が手づくりマスク配布
■58%強が「売上げ減少」 道が新型コロナの影響を調査
■北海道エネルギーホールディングス立ち上げへ
■JXTGホールディングス3000億円の赤字見込む
■「赤字」減少も37.8%に 石油協会の石油販売業者経営実態調査
「新型コロナ禍」増幅
先行きへの不安高まる
2020.3.25
 世界保健機構(WHO)が「制御可能」としながらもパンデミックを宣言し、本道でも感染拡大の一途をたどる新型コロナウイルス。インバウンドの減少や不要不急の外出自粛が宿泊施設や飲食店などを直撃しているが、その影響はSS業界にも例外なく及んでいる。今のところ油販などでの「実害」は限定的と言われるが、スタッフの感染による休業や景気減速に伴う燃料油需要の減退など先行きへの不安は増すばかり。気の抜けない毎日が続く。

マスク不足で戦々恐々
SS現場は大変な思い
2020.3.25
 新型コロナウイルスの感染がとどまることなく拡大している。国の対策本部が決めた基本方針に基づき各方面でイベントなどが中止となっている。北海道は2月下旬に東京都を抜いて感染者数が都道府県別で全国1位となり、道経産局などでは感染拡大防止のためセミナー等の開催を中止した。小中学校1665校が過去に例のない一斉休校となり、その後、安倍首相の要請もあって春休みまで休校を続ける学校が多くなった。

終息のめどが立たない新型コロナウイルスによる影響
2020.3.25
中国以外の国・地域に影響が拡大  新型コロナウイルスによる重症感染症の集団発生は、中国で収束のめどが立ちつつある一方、感染者の発生地域が世界に拡散し、世界全体の確定感染者数・感染症によって亡くなられた方の数が急増しており、いまだ収束のめどが立っていません。


「春商戦」への展望開けず
新型肺炎対策に追われる
2020.3.15
◎…先週5日は二十四節気の啓蟄。冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる、という春を表す言葉であり、いつもであればSSでもこの頃から春商戦に向けての動きが活発になる。しかし、春商戦間近であるはずなのに「SS業界は冬の時代が続いている」と特約店関係者は嘆く。


太陽石油 代表取締役 草野 賀文 氏 
燃料電池の勉強を継続
2020.1.29
 学究的な話の数々が人をうなずかせ、人を楽しませる。自ら「データに基づき法則性を見つることが好きだ」とも言うように、この人の「引き出し」は実に多い。


「近未来のクルマ」勢揃い 札幌モーターショー2020
2020.1.30
 北日本最大規模の自動車関連イベント「札幌モーターショー2020」(実行委員会主催)が17日から19日まで札幌ドームで開かれ、各自動車メーカーによるコンセプトカーや最新型市販車の展示・販売のほか、体験試乗会や各種イベントなどが行われ賑わいをみせた。


大規模災害の発生に備え
北見石協が「対策マニュアル」を作成
2020.3.17
【北見】北見石協(原谷真人理事長)は「災害時等における燃料対策のマニュアル」を作成、2月25日に北見市内のホテルで開催した令和2年度通常総会に報告した。