原油先物下落、予想外の米在庫量増で
2021.1.22
 上げ基調でスタートしていた原油価格は、先週の米原油在庫量が予想外に増加したのを受け、新型コロナウイルス対策の行動制限が石油需要を圧迫しているとの懸念が再燃し下落した。

 日本時間午前10時47分時点で、WTI原油先物は0・27ドル(0・5%)安の1バレル=53・04ドル。北海ブレント先物は0・26ドル(0・5%)安の55・82ドルだった。



北海道のガソリン価格予想
2月22日(月)から2月28日(日)まで
変わらず
値下げも予想されるが、大勢は「維持」

02月28日付掲載予定

■給油取扱所で7割近く 札幌市内での昨年の危険物施設事故発生
■難局乗り切りへ総力 3石協が組合員集め通常総会
■「さらなる飛躍」へ様々な試み 東部第一美芳SS
■親密さを信頼関係へ 道エネ栄町SS
■EV体験会開催 電力新プラン記念し池見石油店