ENEOS、再エネ大手JREの買収を検討 石油依存からの脱却図る
2021.10.8
 ENEOSホールディングスが再生可能エネルギー発電大手のジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)の買収を検討していることが分かったと日経新聞など報道各社が報じた。

 買収金額は2000億円程度の見通し。

 世界的な脱炭素化の流れを見据え、石油に依存した事業構造からの転換を図る。

JREは2012年創業で、日本や台湾で計60の太陽光や風力発電所を手掛け、東京商工リサーチによると、2020年12月期の売上高は36億1300万円で、最終利益は6億7800万円だった。



北海道のガソリン価格予想
11月29日(月)から12月5日(日)まで
変わらず
仕切り下げで値下げの動きも

11月30日付ヘッドライン

■中小向け発注目標押し上げ 官公需確保対策推進協議会開く
■道内市況、2極化の様相 北見など安値攻勢に苦慮
■BCPで業務効率化も 災害対応力・事業継続力強化セミナー
■タイヤ2次需要を掘り起こし 道エネ東白石SS
■特集「業界展望」 石油業界の新年を展望