伊藤忠エネクス、リニューアブルディーゼルでエコマーク取得 合成燃料として初
2024.7.5
 伊藤忠エネクスはこのほど、6月21日に次世代バイオ燃料「リニューアブルディーゼル」で日本環境協会の生産から廃棄にわたるライフサイクル全体で環境への負荷が少なく環境保全に役立つと認められた商品に着けられる環境ラベル「エコマーク」を取得したと発表した。

 エコマークの分類A「油脂から生成した炭化水素から成るバイオディーゼル燃料」としては第1号の認定となる。

 同社は、今後も環境負荷低減商材やサービスの普及に務め、時速可能な社会へも貢献をしていくとしている。



北海道のガソリン価格予想
7月8日(月)から7月14日(日)まで
価格下降
仕切りによっては値上げも

07月10日付ヘッドライン

■遺漏なき「備え」構築 道内7カ所で災害時対応実地訓練
■85%超す企業に影響及ぶ 4~6月期の「人手不足」で道が調査
■道労働局、道最低賃金審議会に最低賃金改正を諮問
■SMNWで灯油残量把握 北電ネットワークがサービス提供
■32%は2店舗使い分け GfKが「SSの利用状況」を調査