日本、UAEアブダビとの共同石油備蓄事業の延長・拡充で合意
2020.1.15
 ロイター伝 日本政府は、アラブ首長国連邦アブダビとの間で、協働石油備蓄事業を延長し、備蓄容量を増やすことで合意したと発表した。

この共同備蓄事業は、2009年6月に開始。鹿児島県にある原油タンクをアブダビ首長国国営石油会社(ADNOC社)に貸し、同社が日本を含む東アジア向けの供給拠点として活用する。一方、緊急時には、このタンク内にある原油を日本向けに優先的に供給するというもの。

 今回、事業を3年間延長(2年の自動延長)。タンク容量は、これまでの100万kl(約629万ばれる)から130万kl(約817万バレル)に引き上げた。130万klは、日本の石油消費量の約4日分に相当する。
 



北海道のガソリン価格予想
2月24日(月)から3月1日(日)まで
変わらず
値下げの動きもあるが、仕切り価格は小幅ながら上昇

02月20日付ヘッドライン

■灯油配送に集中 北海道・札幌市消費者センターへの苦情・相談
■「将来の姿」など明記 エネ施策懇談会が報告書取りまとめ
■事例交えポイント解説 道が事業承継セミナー
■夏タイヤ販売にも着手 前側石油東北通SS
■減収減益 JXTGホールディングスなどが第3四半期決算公表