日本、UAEアブダビとの共同石油備蓄事業の延長・拡充で合意
2020.1.15
 ロイター伝 日本政府は、アラブ首長国連邦アブダビとの間で、協働石油備蓄事業を延長し、備蓄容量を増やすことで合意したと発表した。

この共同備蓄事業は、2009年6月に開始。鹿児島県にある原油タンクをアブダビ首長国国営石油会社(ADNOC社)に貸し、同社が日本を含む東アジア向けの供給拠点として活用する。一方、緊急時には、このタンク内にある原油を日本向けに優先的に供給するというもの。

 今回、事業を3年間延長(2年の自動延長)。タンク容量は、これまでの100万kl(約629万ばれる)から130万kl(約817万バレル)に引き上げた。130万klは、日本の石油消費量の約4日分に相当する。
 



北海道のガソリン価格予想
9月28日(月)から10月4日(日)まで
価格上昇
値戻し

09月30日付ヘッドライン

■灯油商戦始動 販売各社の「奮闘」不可欠
■空気充填の怖さ再確認 名寄皮切りに本道でもタイヤ研修始まる
■札幌市場で値戻し進展 セルフ132円大勢に
■SS過疎地 今年3月末で道内63町村
■顧客情報データベース化も ホクレン油機サービス篠路セルフ