英BP、パニック買いでSSの3割が販売燃料切れ
2021.9.27
 トラック運転手不足による製油所からの燃料輸送が困難になっていることからパニック買いが発生し、英石油大手のBPは26日、運営する約1200カ所のSSのうち約3割で販売する主要燃料が無くなっていると発表した。

 この事態を受けてシャップス運輸相は「国内に燃料不足は生じていない」と、消費者に冷静な対応を呼び掛けているとロイターが伝えた。



北海道のガソリン価格予想
11月29日(月)から12月5日(日)まで
変わらず
仕切り下げで値下げの動きも

11月30日付ヘッドライン

■中小向け発注目標押し上げ 官公需確保対策推進協議会開く
■道内市況、2極化の様相 北見など安値攻勢に苦慮
■BCPで業務効率化も 災害対応力・事業継続力強化セミナー
■タイヤ2次需要を掘り起こし 道エネ東白石SS
■特集「業界展望」 石油業界の新年を展望