OPEC 2023年の石油需要2019年を上回ると予想
2021.9.29
 石油輸出国機構(OPEC)は28日、2021年世界石油見通しを発表し、2023年の石油使用量は新型コロナウイルス感染症パンデミック前の2019年を上回るとの予想を示した。また、パンデミックによる消費者行動の変化や電気自動車との競争などから、世界の石油需要は2035年以降停滞すると予想した。

 昨年の見通しでは、世界の石油需要が2019年を超えるのは2022年としていたが、1年先送りとなっている。



北海道のガソリン価格予想
11月29日(月)から12月5日(日)まで
変わらず
仕切り下げで値下げの動きも

11月30日付ヘッドライン

■中小向け発注目標押し上げ 官公需確保対策推進協議会開く
■道内市況、2極化の様相 北見など安値攻勢に苦慮
■BCPで業務効率化も 災害対応力・事業継続力強化セミナー
■タイヤ2次需要を掘り起こし 道エネ東白石SS
■特集「業界展望」 石油業界の新年を展望