高速道有人ブース廃止
ETC整備が「商機」に
2020.12.15
 料金を支払ったのは500台に1台。神戸港の六甲アイランドからポートアイランドに至る約10㎞のハーバーハイウェイは1区間110円、2区間210円の有料道路。午前8時から午後8時までは料金所で係員が徴収するが、午後8時から翌朝午前8時までは無人で、料金所の料金箱に料金を投入することとなっている。センサーで通行量は確認しており、10月の夜間は約11万台が通行したのに対して徴収額は約2万6000円。ほぼスルー状態で、2022年度までにはETCを導入し常態化している不正を回避する。
 料金を支払ったのは500台に1台。神戸港の六甲アイランドからポートアイランドに至る約10㎞のハーバーハイウェイは1区間110円、2区間210円の有料道路。午前8時から午後8時までは料金所で係員が徴収するが、午後8時から翌朝午前8時までは無人で、料金所の料金箱に料金を投入することとなっている。センサーで通行量は確認しており、10月の夜間は約11万台が通行したのに対して徴収額は約2万6000円。ほぼスルー状態で、2022年度までにはETCを導入し常態化している不正を回避する。


 高速道路を利用し、料金所を通過する上で便利なETC。1997年にETC車線の交通運用の安全性等確認のための試験運用が行われ、2000年4月に千葉地区で試行運用を開始した。その後2004年に全国の約9割以上に当たる895料金所にETCが整備されてから利用が一気に伸び、月間利用台数は2001年4月の7200台に対して2020年9月には757万台と大幅に伸びている。9月時点での全国のETC利用率は92・9%。

 9割以上がETCを利用していることから、国土交通省では近い将来料金所の有人ブース廃止への検討に入るとしているが、今年9月現在で約7%、57万台がETCを利用していない。「めったに高速道路は利用しない」ことなどを理由として挙げるが、有人ブースの廃止で、すべてに車載器の整備が必要になる。これもひとつの商機になるのでは。 (祐)


北海道のガソリン価格予想
4月5日(月)から4月11日(日)まで
変わらず
下げの動きも散見

04月15日付掲載予定

■我慢、我慢の春商戦 コロナ禍今年も暗い影
■「厳しい経営」浮き彫りに 石油販売業経営実態調査
■超小型EVを導入 寒冷地での有用性検証も 出光北海道製油所
■給油取扱所の営業時間外業務 消防庁が運営要領
■「洗いっぱなし洗車」好評 三宝産業スカイロード発寒