道内35市燃料油納入価格
26市がガソリン値上げ
2021.1.20
 昨年12月初旬、下旬に道内各市場で進んだ市況の是正を受け、道内35市の多くが石油製品納入価格に「実勢」を反映していることが今月8日現在の本紙調査で明らかになった。レギュラーガソリンは価格改定を見送っている9市を除く26市すべてが最大で6円の値上げに動いており、35市平均価格は前回調査を2円61銭上回る124円31銭となった。  =金額は消費税抜き=

■ ガソリン・軽油

 道内35市の多くは、原則として毎月20日過ぎに納入業者からの申し入れや独自の調査に基づき納入価格を改定し、新価格を月初に遡及するなどして適用しており、そうした関係で昨年12月初旬の市況是正については多くの市が新価格に反映したものの、下旬のそれは一部が反映するだけにとどまっている。

 レギュラーガソリンについては、前回調査(12月4日現在)以降の価格改定を見送っている9市を除く26市すべてが、石狩の6円を最大に値上げし、35市平均価格は前回調査を2円61銭上回って124円31銭となった。

 最高値は、消費税込みで147円40銭となる稚内の134円ちょうど、一方、最安値は芦別の109円20銭で、その差は24円余り。

 軽油も同様に26市すべてが最大で6円の値上げに動き、35市平均価格は2円70銭上がって110円69銭となっている。


■ 灯油・A重油

一方で灯油は、市場の価格変動が限定的となっており、未改定9市、未納入1市を除く25市のうち7市が値上げ、1市が値下げし、17市が価格を据え置いたことから、34市平均価格は51銭上がって71円40銭。

 A重油もほぼ同様、11市が値上げ、1市が値下げし、13市が据え置いたことから、未納入1市を除く34市平均価格は1円08銭上がって71円72銭となっている。



北海道のガソリン価格予想
2月22日(月)から2月28日(日)まで
変わらず
値下げも予想されるが、大勢は「維持」

02月28日付掲載予定

■給油取扱所で7割近く 札幌市内での昨年の危険物施設事故発生
■難局乗り切りへ総力 3石協が組合員集め通常総会
■「さらなる飛躍」へ様々な試み 東部第一美芳SS
■親密さを信頼関係へ 道エネ栄町SS
■EV体験会開催 電力新プラン記念し池見石油店