CCSから着目 東芝の新濃縮技術 濃縮率2.4倍実現
2021.9.22
 東芝は、水溶液に含まれる成分等を抽出する濃縮技術に関する新部室を開発したと発表した。正浸透膜法に用いる物質で一般的な逆浸透膜法に比べて塩化ナトリウム水溶液を濃縮する際の消費エネルギーを4分の1、濃縮率を2.4倍にすることを実現した。2024年にプラントレベルの実証実験を目指す。

 CCS(二酸化炭素の回収・貯留)では、発電所等から排出されCO2を吸収する材料としてアミン系物質が用いられるが、アミン系物質のCO2吸収特性と濃縮技術に応用可能な水処理とを絡めて今回の開発につなげた。



北海道のガソリン価格予想
11月29日(月)から12月5日(日)まで
変わらず
仕切り下げで値下げの動きも

11月30日付ヘッドライン

■中小向け発注目標押し上げ 官公需確保対策推進協議会開く
■道内市況、2極化の様相 北見など安値攻勢に苦慮
■BCPで業務効率化も 災害対応力・事業継続力強化セミナー
■タイヤ2次需要を掘り起こし 道エネ東白石SS
■特集「業界展望」 石油業界の新年を展望