出光北海道シーバース 45年余で着桟900隻達成
2019.1.15

着桟した「KOHO1」
 【苫小牧】出光興産北海道シーバースが、昨年12月31日に着桟した「KOHO1」 (飯野海運、長濱俊哉船長)で着桟船900隻目となり、出光興産北海道製油所(荒木伸二所長)では翌1日、同船サロンで記念セレモニーを挙行した。

 出光興産北海道シーバースは、沖合3kmにある世界初の外洋シーバースとして1972年10月に完成。翌年8月に第1船となる出光興産の東光丸が着桟し、以来、45年余りで大きな節目を迎えた。

 セレモニーでは冒頭、荒木所長が900隻で2億1800万klの原油を荷卸ししたことにも触れながら「北海道製油所は北日本唯一のエネルギー供給拠点。北日本の皆さんに安心という価値を提供すべく燃料を供給していく。今後も安全運航を」などとあいさつ。引き続き荒木所長らが長濱船長らにワインなどの記念品、花束を贈り労った。

 これに対して長濱船長が「少しでも北海道、北日本の力になれるよう、今後も安全な原油の運搬に努力したい」と応え、そのあと則定隆総務課長が音頭を取りジュースで乾杯した。

 KOHO1は、原油32万1000トンを荷卸しし2日に離桟した。


荒木所長(右)が長濱船長に記念品を贈呈

地元産スイーツや特産品も贈呈

花束を贈り、無事着桟を労った

サロンでの記念撮影

則定課長の音頭によりジュースで乾杯

甲板での記念撮影

長濱船長による操舵室での説明


北海道のガソリン価格予想
11月29日(月)から12月5日(日)まで
変わらず
仕切り下げで値下げの動きも

11月30日付ヘッドライン

■中小向け発注目標押し上げ 官公需確保対策推進協議会開く
■道内市況、2極化の様相 北見など安値攻勢に苦慮
■BCPで業務効率化も 災害対応力・事業継続力強化セミナー
■タイヤ2次需要を掘り起こし 道エネ東白石SS
■特集「業界展望」 石油業界の新年を展望